葬儀のための準備について

葬儀のための準備について

葬儀を主となって行う側となるのは人生でも数回しかありません。交通事故によって早くに亡くなる場合以外は、両親がある程度の年齢になったり重い病気になってしまったら考えておきいざというときにあわててしまわないようにしましょう。

葬儀の準備で急いでする必要があることは4点です。

まずは病院のベッドで亡くなられることがほとんどですが、その後葬儀までの期間、どこに安置しておくか考えましょう。

葬儀の準備の情報といえばココです。

自宅なら故人にとってもよいですし、遺族としてもゆっくりお別れができ費用もかからず最もよいでしょう。

ただ住宅事情から不可能な場合は早めに葬儀社を決めてそちらに搬送してもらう必要があります。

自宅に安置できたら葬儀の会場を考えましょう。
希望する形のお葬式をできるだけ安く挙げるには相場を知るとともに、何社か見積りを取る必要があります。

納得いくものになるためにも希望を具体的に形にしておくほうが選びやすいです。故人が何を信仰していたか、家の宗教はどこなのかを調べてそれにあったお葬式をするようにしましょう。菩提寺がありながら他の宗派でのお葬式を行なってしまった場合、遺骨の埋葬を断られるなどのちのちのトラブルに発展してしまいます。



同じ仏教でも作法や儀礼も異なります。

東京新聞情報を集めたサイトです。

大勢の方に参列してもらって盛大にお別れをしたいのか身内だけでこじんまりと行ないたいのかなど希望によってお葬式の形は変わってきます。

どのような形での式を望むのか考えましょう。遺族や友人たちの想いを反映してその人らしいお葬式となることが大切です。

Copyright (C) 2015 葬儀のための準備について All Rights Reserved.